男性

困ったときはマーケティングリサーチしかない|窮地に立たされた時

確実なデーターを集める

カラーチャート

低コストで作成が可能

企業やお店においては、様々な宣伝方法を活用しながら商品の宣伝やお店の宣伝を行い売り上げに繋げている。これらの宣伝方法として、比較的簡単に活用できるものにフライヤーがある。フライヤーは紙を用いた宣伝方法で、街頭などで配布することで顧客の呼び込みを行うものとなる。このフライヤーについては、A4程度の紙に広告物を印刷し配布するため、お店や企業内でも比較的簡単に作成できる。しかし、数千枚など大量の枚数を作成する場合は、専門業者のフライヤー印刷サービスを活用することが効果的である。フライヤー印刷のサービスでは、特に多くの量を印刷するほど1枚当たりの単価は抑えられ、社内で印刷するよりも低コストで作成できる場合もある。

高品質で印刷できる

フライヤー印刷を行う場合に重視されることとして、まずは1枚の印刷当たりの単価がある。フライヤーでは、一般的に大量の枚数を作成し、できるだけ多くの人への配布を目的として作成される。大量に作成するため、1枚当たりのコストを抑え、全体として低価格で作成できるという需要が高い。また、印刷物における品質が重視される傾向もある。フライヤー印刷では、業者によって印刷に関する品質にばらつきがあるケースも多い。フライヤーは商品やサービスの宣伝に利用されるため、その印字が綺麗でないとお客の獲得に結び付かないケースもある。その為、商品や宣伝内容の見栄えが良いように高品質で印刷してもらえることも重視される傾向になる。

顧客のニーズに合わせる

会社を経営する上で世間の動きを把握し、常にお客さんのニーズを知るためにアンテナを張っていなければならない。しかし、集めた情報が適格であるかどうかを判断するのは難しく、企画によっては膨大な費用がかかるため失敗できないのだ。そんなプレッシャーを払拭したいなら、マーケティングリサーチを行なっている業者に依頼してみるといいだろう。マーケティングリサーチをすれば確実なデーターを算出することができ、お客さんに満足してもらえるだろう。困ったときはマーケティングリサーチしかない。

お客様主体の宣伝方法

チラシ

チラシ印刷にはフライヤー印刷もあります。これは企業主体で告知する宣伝方法ではなく、店舗などに設置しておきお客様が興味を持った際にもっていってもらう宣伝方法です。上質な紙を使用しインパクトのあるデザインが特徴になっています。

» 詳細へ

持ち帰ってもらう広告

インク

印刷された広告媒体としてはチラシが広く利用されていますが、音楽イベントやファッション関係などにはフライヤー印刷が向いています。チラシと比べて厚手の紙を使用し、サイズも小さめに作成するのがフライヤーの特徴です。上質の紙と高品位の印刷とを組み合わせれば、デザイン次第でお洒落なフライヤーが出来上がります。

» 詳細へ

効果や発注における注意点

広告

フライヤーとは、小ぶりで上質な紙に印刷された広告です。捨てられるリスクが低く、宣伝効果が高いため、多くの企業が印刷会社にフライヤー印刷を依頼しています。発注は、WEB上でおこなわれることが一般的です。原稿となる画像データは、サイズはもちろんファイル形式も、指定されたものにすることが大事です。

» 詳細へ