ウーマン

窮地に立たされた時|マーケティングリサーチが強い味方

お客様主体の宣伝方法

チラシ

興味を持ってもらう工夫

商品やサービスがありふれている現在においては、お客様が主体で商品やサービスを選択することが主流になっています。かつては広告の主体といえば、新聞折り込みチラシなど不特定多数のお客様へ企業が主体でサービスや商品の案内や告知を行っていました。しかし、最近では店舗やイベント会場にフライヤー印刷されたチラシを置いておき、興味を持ったお客様がそれを手に取るスタイルが増加しています。フライヤー印刷もチラシ印刷と同じようなものですが、チラシのように賞味期限が短いものではなく、手に取って保管してもらうことも一つの目的になっているため、上質な紙を使用していることが多くなっています。写真や画像がきれいな光沢紙を使用することがほとんどです。

インパクトのあるデザイン

上質な紙を使用するためフライヤー印刷の価格はチラシ印刷よりも高価になっています。しかしその印刷部数はチラシ印刷よりも少なく済みます。また興味を持ってもらったお客様のみにお渡しするため、費用対効果はフライヤー印刷の方がチラシ印刷よりも高くなっています。フライヤー印刷は場所や地域を絞った宣伝用に効果を発揮します。加えて即効性の効果も高くデザインに凝ったものを展開していることが特徴です。画像や写真などを多用し、中には3D風にするなど手に取る人の興味をさらに引き出すことが目的となっているのです。思わず手に取ってしまうようなデザインを使用することでより集客効果を高めることができるのです。そのためインパクトのあるデザインを使用するケースが多くなっています。