ウーマン

窮地に立たされた時|マーケティングリサーチが強い味方

持ち帰ってもらう広告

インク

チラシとの違い

広告媒体にはいろいろな種類があります。その中でも印刷物は不特定多数の人が手に取って見ることができるため、パソコンやスマートフォンが普及した現在でも重要な広告メディアです。広告印刷物にはチラシやリーフレット・パンフレットなどの種類がある中で、フライヤーはチラシとよく似た形態をしています。同じように1枚の紙を使って印刷された広告でありながら、チラシとフライヤーには微妙な違いが指摘できます。新聞折込に代表されるチラシは広く配布されることを前提としているため、使われる用紙は基本的に薄く上質とは言えません。中にはファッション性を重視したチラシもありますが、多くは商品の価格やアピールポイントを目立たせるようなデザインが採用されます。フライヤーは戦時中から戦後に飛行機やヘリコプターを使って撒かれた広告を語源としています。現在では店舗や街角に置かれている広告印刷物がフライヤーと呼ばれます。チラシと違って厚手の紙に印刷されることが多く、持ち帰りを想定してサイズも比較的小さいのが特徴です。フライヤー印刷を依頼する際にはチラシとの違いを理解し、お客様が手に取ってくれるように工夫する必要があります。

上質な用紙でお洒落感演出

フライヤー印刷の広告物が使われる例としては、イベント会場や音楽関係のショップなどでライブやコンサートの案内を配布する場面が代表的です。ファッション業界などもフライヤーとの相性が良いことで知られています。大量に印刷されるチラシと比べ、フライヤー印刷ではよりファッショナブルな広告作成が可能です。ファッション性を重視する業界全般の広告に向いた印刷形式と言えるのです。多くの印刷業者ではチラシとフライヤーの違いを把握しているため、注文に応じてそれぞれに適した形に印刷してくれます。フライヤー印刷で特に重要な点は用紙の選択です。厚手の上質紙はインクの乗りも良く、ハイセンスな広告印刷を実現してくれます。チラシに使われる用紙はコスト面で有利ですが、店頭配布のケースなら大量の枚数を刷る必要もありません。後は高品位印刷とデザイン次第でいくらでもお洒落感を演出できます。フライヤー印刷の利用は音楽・ファッション業界ばかりに限りません。ターゲットとする客層によっては食品・美容健康・住宅といった業種にも応用が可能です。良いフライヤー広告には、持ち帰ったお客様を店に再び引きつけてくれる魅力が備わっているものなのです。