ウーマン

窮地に立たされた時|マーケティングリサーチが強い味方

効果や発注における注意点

広告

フライヤーの特徴

フライヤーは、街頭で配布されたり、持ち帰りができるように店舗などに置かれていたりする、紙媒体の広告です。チラシとよく似ていますが、フライヤーにはチラシとは異なるメリットがあります。具体的には、チラシよりも小ぶりで上質な紙に印刷されているのです。鞄に入れやすいサイズですし、チラシほど簡単には丸めることができないので、道端に捨てられてしまうリスクが低めです。また、凝ったデザインとなっていることが多く、その分宣伝効果が高めとなっています。そのため多くの企業が、宣伝のためにフライヤー印刷をおこなっています。と言っても各企業が独自でフライヤー印刷をするわけではなく、印刷会社に発注するということが多いです。印刷会社に任せた方が、ハイクオリティな仕上がりが期待できるのです。

ファイル形式に注意

印刷会社へのフライヤー印刷の発注は、現在ではもっぱらWEB上でおこなわれています。指定されたサイズにおさまるように、原稿となる画像データを作成し、それを印刷会社へ送信するのです。するとそのデータをもとにフライヤー印刷がおこなわれ、完成したものが後日発送されるという流れになっています。画像データは、サイズだけでなくファイル形式も指定されることがほとんどです。指定以外のファイル形式で入稿した場合、フライヤー印刷自体がキャンセルとなることがあります。ファイル形式を後から変更することも可能ですが、その場合は元の画像データとは違った色合いになる可能性があります。そのため最初から、指定されたファイル形式で作成することが大事です。中には、宣伝内容とおおよそのイメージを伝えれば、原稿を作ってくれるという印刷会社もあります。